• 東京で痛みを緩和しながら中絶手術を受けるには

    通常の出産でも無痛分娩があるように、中絶手術でも痛みを感じることなく手術をしてくれる病院が東京にはあります。母体のことを考え、中絶で苦しまなくて済むように最大限の配慮をしてくれます。


    痛みに弱い人であれば、そうした無痛手術を勧めている東京の病院を探しましょう。


    無痛というと、身体の痛さをなくすことをイメージされる方も多いですが、心のほうも十分に考えてくれるのがいいクリニックです。中絶手術を東京で行うさいに、不安でいっぱいの患者の心の負担を取り除くことも大切にしているクリニックを選んでください。手術後にも痛みは感じることがあります。子宮が収縮するのに伴い、痛みが出てきます。


    生理痛のような痛みです。



    医師に相談すれば、痛みを緩和してくれる薬を出してくれるので、遠慮なく申し出てください。


    術後に出される薬の中には、子宮収縮薬があります。


    これは子宮の戻りをよくし、出血を長引かせないために飲むものです。
    自分で判断して中止するような行為は絶対にやめておきましょう。

    あまりに痛ければ、量を減らすこともできるので、必ず医師に相談してから薬の服用を調節してください。

    感染症が起こると、熱が出る場合があります。



    高熱を出してしまったら、クリニックを受診してください。

    痛みがなくとも、身体は回復に向けて頑張っています。



    1週間くらいは無理せず、安静に過ごすようにしましょう。
    そのほうが早く回復し、普段の生活に戻ることができます。