• 東京で中絶手術をするときの流れ

    東京で中絶手術を受けたかったら、産婦人科か婦人科を受診するようにします。

    まず電話などで診察予約をすると受診がスムーズです。


    このとき、まだ中絶について具体的に言わなくても大丈夫です。

    診察を受けたら、どのくらいの週数が建っているのか確認します。
    そして手術の日にちを決定します。



    このとき、同意書の書類ももらいます。

    同意書は母親だけではなく父親の記入も必要になります。他にも血液検査や、超音波で見ることができる場合は超音波検査も行います。



    手術は当日で終了することができます。

    ただし、妊娠中期以降など週数が経てば経つほど中絶手術は難しくなります。

    東京では電車で行けるところにある病院がたくさんあるので、行くのに困るということはありません。



    帰りも電車や歩きで帰宅することが可能です。手術は3、4時間で終了するのが一般的です。痛みが内容、麻酔を打ってくれます。静脈麻酔をすると、眠った状態での手術が可能です。

    東京にはこうした、なるべく痛みを感じさせない取り組みをしている病院があります。
    手術が終わったら、2、3時間は病院安静にしています。

    術後の経過が順調であれば、そのまま帰宅し、シャワーも当日から浴びることができます。

    手術から2週間以内にもう一度病院に行き、子宮内に出血がないかどうかなどを確認します。
    その後、また25日以内に再来院し、チェックしてこの時も異常がなければ終わりです。

    入浴も異常がなければ1週間程度でてきるようになります。