• 中絶手術を東京で受けるための費用について

    • 東京で中絶手術を受けると、その費用は自己負担になります。



      よって、手術費用は安くても10万以上かかります。

      もしそれよりも大きく下回る金額で手術をするのは、危険が伴いますのでやめておきましょう。

      診察での料金や薬代、手術代の領収書は取っておいたほうがいいです。

      なぜなら、医療費控除の対象になるからです。

      1月から12月までにかかった医療費が総額10万円以上である場合に所得税が還付される控除であり、利用しない手はありません。
      確定申告の時まで領収書は大切に保管しておいてください。

      自分での確定申告に使わなくても、手術を受けた患者と生計をともにしている親族や配偶者であれば、医療費控除の申請に使うことができます。


      専業主婦の人など収入のない人は夫や保護者などに領収書を渡しておきましょう。破り捨ててはいけません。

      確定申告は毎年2月の中旬から3月の中旬までに行います。申告会場に行かなくても、電子申請することが可能です。



      また、ホームページからダウンロードするなどして用紙をプリントし、郵送にて手続きを完了させることもできます。
      東京で申告会場に直接行くことなく申告ができるので、忙しい人でも簡単です。

      そもそも中絶費用を用意できない人でも、お金を用意することは可能です。


      医療用のローンがあるからです。

      中絶手術を東京で受けるのに遅くなると、高額になりリスクも高まります。なるべく初期で手術を受けるためにも、費用を工面する方法をとことん利用してください。



  • 医療の基本知識

  • 医療をよく学ぶ

  • 詳しく知りたいなら・納得の情報